資格を取るとペットのための費用を節約できる!?

ペットを飼うための費用

ペットと費用

大好きなペットと一緒にいると本当に幸せな気持ちになりますね。

 

ですが、実際にペットを飼うことで「大変だなぁ・・・」と感じることもあるでしょう。

 

その「大変だ・・・」と感じることの1つが費用の問題です。

 

ペットにかかる費用は、主に以下の3つがあげられます。

医療費

毎年必ず必要になるワクチンやノミの予防はもちろん、病気やケガをすると高額な治療費がかかります。

 

ペット保険の加入も増えていますが、人間の健康保険同様、治療費の全額が保障されるわけではありません。

 

治療を受けることになれば、もっとも家計が圧迫される費用となります。

 

フード・生活用品

毎日食べるフード、ペットシーツや猫砂などの生活必需品も年間の金額は結構な額になります。

 

ですがこの部分は、飼い主の努力しだいではかなり節約することも可能です。

 

トリミング・グルーミング

ペットも生き物である以上、伸びたり新陳代謝する爪や耳、被毛などのお手入れが必要です。

 

それらはペットの健康のためにはもちろん、一緒に暮らす人間のためにも清潔に保つことが大切です。

 

ペットの資格を取ることで費用を節約

ペットの資格

では、これらのペットにかかる費用を資格を取ることで節約するとはどういうことでしょうか?

 

1・まず第一にペットについての正しい知識を学ぶこと

 

ペットの健康維持のための知識があれば病気やケガの予防となり、余計な治療費がかかることを防げます。

 

先日のTV番組でチョコレートアイスを食べる猫の動画が放映され、「猫にチョコを食べさせるなんて!」というクレームが殺到したそうです。

 

ご存知のように犬や猫にチョコレートを食べさせると大変危険です。

 

そんなことを知らない無知な飼い主や、平気で放映する無神経なTV局に批判が殺到していました。

 

大切なペットを苦しめないためにも、正しい知識で健康を守ってあげることが結果的に治療費を抑えることにつながります。

 

健康管理におすすめのペットの資格

 

動物看護士 ペットシッター ペット介護士

 

2・第二にできるだけ飼い主がすること

 

シャンプーやグルーミングなどをできるだけ自分でするようにすればかなり費用が節約できます。

 

たとえば毎月トリミングが必要なペットでも、汚れたり伸びたりした部分を自分ですれば2ヶ月に1回にすることができます。

 

また、グルーミングを自分ですることでペットとの信頼関係を作ったり、健康管理をすることも可能です。

 

お手入れにおすすめのペットの資格

 

動物看護士 トリマー

 

資格を取るためには費用がかかりますが、自分のペットのためだけでなく仕事に活かすことも可能です。

 

もちろん、資格を取っただけでペットのために実践しなければそれは意味がありません。

 

せっかく勉強して資格を取ったのなら、ぜひペットのために学んだ知識や技術を活かしてあげましょう。