ペットシッターの求人事情

ペットシッターの求人事情とは

ペットシッターとは、飼い主さんが留守などでペットのお世話ができない時、お宅に訪問してペットのお世話をする仕事です。

 

飼い主さんがどうしても家を空けなければいけないとき、ペットホテルなどに預けると強いストレスを感じてしまう子がいます。

 

そういった子の場合、たとえ飼い主さんがいなくても、住み慣れた自分の家で過ごす方が体調を崩したりする心配が少なくなるでしょう。

 

ペットシッターに留守中に訪問してもらい、給餌や排泄のお世話、お散歩などを代行してもらうことでストレスを減らしてあげることができます。。

 

また、定期的なお散歩代行や老犬老猫の介護のお仕事をすることもあります。

 

地方ではまだ発展途上で首都圏中心での求人ですが、知名度、ニーズとも高まっている職種で、自分自身が独立して、オーナー兼ペットシッターとして活躍されている人もいます。

 

ペットシッターとして働くための一般的な条件を、実際の求人情報を元にまとめてみました。

 

ペットシッターの求人事情

仕事内容

 

飼い主が留守の間にペットのお世話の代行をします。

 

定期的な犬の散歩の代行や、介護やしつけ、グルーミングを頼まれることもあります。

 

雇用形態

 

パート・アルバイトが主体。完全出来高制のところもあり。

 

給 与

 

時給800円〜

 

出来高制のところでは、会社が受け取る報酬の40%〜90%というところもあります。

 

交通費は全額負担してくれるところがほとんどです。

 

求められる資格

 

ペットや動物に関する資格を持っていることを求められる場合が多く、その資格によってはトレーニングやトリミング、グルーミング、介護などを任されることもあり、幅広い知識や経験があれば、仕事の依頼は多くなるでしょう。

 

ペットシッターの資格が取得できるおすすめの通信講座

 

ヒューマンアカデミー【たのまな】

 

TVコマーシャルでもおなじみのヒューマンアカデミーの主催する通信講座では、現役のペットシッターさんに同行する実技研修があります。

 

また、資格取得後はプロとして活躍するための就職・独立支援などが用意されているのも特徴です。

 

各協会、団体の協力が受けられ、バックアップしてくれるのも心強いシステムです。

 

大手の会社らしい動物好きな方のペットビジネスを実現するための心強いシステムです。

 

トレーニングの基本技能とペットの健康管理に重点を置いたカリキュラムが採用されています。
ドッグシッター講座

 

1つの講座で、合格後にライセンス申請をすることで「キャットケアスペシャリスト」「キャットシッター」の2つの資格が取得できます。
ヒューマンのキャットケアスペシャリスト講座