ドッグトレーナーの資格と仕事

ドッグトレーナーの資格と仕事

ドッグトレーナーの資格と仕事

ドッグトレーナーとは「ペットトレーナー」とも呼ばれ、その名のとおり犬のしつけや訓練を行う資格です。

 

飼い主にとってペットの健康とともに頭を悩ませるのがしつけの問題ですね。

 

特に犬を飼うことで何の苦労も悩みもない、なんていう人はいないのではないでしょうか?

 

その悩みを解決するために動物病院やトリミングサロン、ペットショップなどでしつけの問題について相談を行ったり、しつけ教室を開いているところも増えてきました。

 

犬の問題行動については、犬というペットに対する飼い主自身の理解のなさから起こっていることも少なくありません。

 

実際に人や他の動物を噛んだり、泣き声の問題などは裁判や社会問題にすら発展している場合もあるのです。

 

特に殺傷能力の高い大型犬については、しっかりとしたトレーニングが必要でしょう。

 

ペットブームと呼ばれた時代から、現代では人間に癒しを与え家族の一員として存在するペットのしつけは欠かせないものとなってきました。

 

犬の問題行動の大半は、犬に人間社会のルールをきちんと教えられない飼い主側にあるのです。

 

そのニードの高まりから、ドッグトレーナーが活躍する場も増えてきています。

 

また、自分のペットの問題行動を直すために、ペットのオーナー自身が資格を取ってしつけを行う場合も多いようです。

 

ドッグトレーナーになるには

ドッグトレーナーの活躍の場

 

家庭犬訓練士、ペットシッター、ブリーダー 、民間訓練所、ペットショップ、動物病院、ペットホテル、ペットテーマパークなどペットのレジャー施設

 

受験資格

 

高校卒業、又は同等の学力があれば問題ありません。

 

資格取得

 

ドッグトレーナーの資格に国家資格はなく、すべて各団体の認定によって取得します。

 

業界でも権威のある資格は以下の団体のものですが、資格取得まで何年もかかったり、住み込みで見習いに入るなどいずれも一般の人にはかなり厳しいでしょう。

 

20年ほど前、私自身も訓練士になりたくて問い合わせをしたことがありますが、通常は高校を卒業してすぐに見習いとして始める人がほとんどということで、職人さんの域のような資格だと言えます。

 

(社)日本警察犬協会(NPD)

 

(社)ジャパンケネルクラブ(JKC)

 

(社)日本シェパード犬登録協会(JSV)

 

現在では、ドッグトレーナー、家庭犬訓練士など様々な名称で犬を訓練するための資格を取る講座が作られ、一般の人でもドッグトレーナーになる道が広く用意されています。

 

受講内容

 

各団体の認定校や専門学校によって異なります。

 

ドッグトレーナーの資格が取得できるおすすめの通信講座

 

ドッグトレーナーの資格を通信制で取ることができても、実際に犬と触れ合う「スクーリング」ができないと意味がありません。

 

資格として役立つには、通信制でありながら実技のカリキュラムもある講座の方がおすすめです。

 


ヒューマンアカデミー【たのまな】

 

TVコマーシャルでもおなじみのヒューマンアカデミーの主催する通信講座。

 

基礎的なドッグトレーナー講座とプロフェッショナル講座の2種類が用意されています。

 

スタンダードな講座の方でもアニマルセラピーやペットロスケアも学べます。

 

通信制の講座でありながら、全国に160箇所ある研修所でプロから直接指導を受けられる実技研修もあり、本格的なスキルを身につけることが可能になっています。

 

また、資格取得後はプロとして活躍するための就職・独立支援などが用意されているのも特徴です。

 

各協会、団体の協力が受けられ、ペットビジネスを実現するためにバックアップしてくれるのも心強いシステムです。

 

ドッグトレーナーになるなら

 

ヒューマンのドッグトレーナー講座

 

日本ケンネルカレッジ

 

日本ケンネルカレッジの通信講座では、カリキュラムを終了して在宅試験に合格するとJCSA 認定「ドッグトレーナー」の資格を取得でき、その後に実技を受講するとJCSA認定の「ドッグトレーナーインストラクターA・B・C級」を取得できます。

 

こちらの通信教育の大きな特徴としては「動物取扱責任者」へのステップがあることです。

 

「動物取扱責任者」とは、すべての動物に関する仕事で独立を目指す方には必須の資格ですが、通常は通信教育では取得できないとされていました。

 

ペットに関する資格を取りたい方はもちろん、本格的にペット業界へのチャレンジをしたい方にもおすすめの講座です。

 

ドッグトレーナーになるなら

 

ペット専門通信資格【日本ケンネルカレッジ】



ライター:愛玩動物飼養管理士 管理人もも