動物看護士の資格と仕事

動物看護士の資格と仕事

自分のペットが病気やケガをして動物病院に行ったとき、優しく接してくれた動物看護士さんに癒され、励まされた経験のある方も多いでしょう。

 

ずっとペットを飼っている私自身、動物病院ではたくさんの喜びや悲しみを共有してもらい、スタッフの方々には本当に感謝しています。

 

そうした感謝の心などから自分も動物看護士となって、たくさんのペットのために働きたいと思うのも当然と言えます。

 

動物看護士さんに3つの質問

動物看護士とは獣医師のアシスタントのようなお仕事だと想像しますが、実際はどうなのでしょう。

 

私がお世話になっている動物看護士さんに実際のお仕事について聞いてみました。

主にするお仕事はどんなことですか?

受付業務やカルテの作成、先生の診察や治療の補助、入院患者のお世話、掃除など、病院の運営に関するあらゆることで雑用が多いですね。

やっていて良かったと思いますか?

もちろんです。やっぱり動物が好きなのでペットが元気になると嬉しいです。お迎えに来た飼い主さんとペットの再会シーンはいつも泣きそうになります(笑)涙ながらに飼い主さんに感謝されることもあるし、やりがいのある仕事だと思っています。

仕事がつらいと思ったことはありますか?

それもありますね。やっぱり死に際に立ち会ったりするのは本当につらいです。仕事も雑用が多くて頭が回らなかったり、体力的にもキツイときがあります。お給料ももうちょっと貰えると嬉しいです。

動物看護士になるには

 

ペットの健康は飼い主にとってもっとも重要なことであり、それは動物に関わるあらゆる仕事においても同じです。

 

動物看護士とは、そんなペットや動物の健康を守り、動物と人間が幸せに暮らすために役立つ仕事と言えるでしょう。

 

動物看護士は動物病院で獣医師の診察や治療をサポートしたり、入院中のペットのお世話や受付、飼い主への応対など幅広い業務を行っています。

 

しかしペットや動物の健康を守り、管理することは動物病院だけとは限りません。

 

動物看護士のライセンスを持つことは、ペットに関連する職種において幅広く歓迎されるでしょう。

 

動物看護士は、ペットに関する医療の知識を修得した存在として動物の飼育、衛生管理をアドバイスするなど、社会貢献を目指す資格と言えます。

 

動物看護士の資格と仕事

動物看護士の活躍の場

 

動物病院・ペットショップ・ブリーダー・動物園・その他動物関連業全般

 

受験資格

 

高校卒業、又は同等の学力があれば問題ありません。

 

資格取得

 

人間の看護師さんは国家資格ですが、動物看護士はすべて民間資格です。

 

色々な団体が資格試験を行ったり認定校を定め、カリキュラムを修得し、試験に合格した場合に独自の認定を行っています。

 

1 日本小動物獣医師会(JSAVA)認定の動物看護師

 

2 日本動物病院福祉協会認定(JAHA)の動物看護士

 

3 日本動物衛生看護士協会認定(JAHTA)アニマル・ヘルス・テクニシャン

 

4 一般社団法人日本キャリア教育技能検定協会JCSA 認定「動物看護士」

 

5 一般社団法人日本ペット技能検定協会「動物看護士」

 

民間資格のためどこの認定を受けるかということになり、学校選びがポイントとなります。

 

動物の健康に関する知識はもちろんのこと、実際に動物を看護するためには実技も必要となるでしょう。

 

受講内容

 

各団体の認定校や専門学校によって異なります。

 

動物看護士の資格が取得できるおすすめの通信講座

 

通信制の講座でもっともネックになるのが実際に動物に触れる「スクーリング」の有無です。

 

以下の講座はスクーリングの授業も受けられるカリキュラムになっています。

 

ヒューマンアカデミー【たのまな】

 

TVコマーシャルでもおなじみのヒューマンアカデミーの主催する通信講座。

 

大手の会社だけあって、なりたい仕事によって取得できる専門性の高い講座が豊富に用意されています。

 

通信制の講座でありながら、全国に160箇所ある研修所でプロから直接指導を受けられる実技研修もあり、本格的なスキルを身につけることが可能になっています。

 

また、資格取得後はプロとして活躍するための就職・独立支援などが用意されているのもメリットです。

 

動物看護士の資格を取るなら

 

ヒューマンの動物看護士講座

 

日本ケンネルカレッジ

 

日本ケンネルカレッジの通信講座では、カリキュラムを終了して在宅試験に合格するとJCSA 認定「動物看護士」の資格を取得でき、その後に実技を受講するとJCSA認定の「動物看護士インストラクターA・B・C級」を取得できます。

 

日本ケンネルカレッジの通信教育の大きな特徴としては「動物取扱責任者」へのステップがあることです。

 

「動物取扱責任者」とは、すべての動物に関する仕事で独立を目指す方には必須の資格ですが、通常は通信教育では取得できないとされていました。

 

ペットに関する資格を取りたい方はもちろん、本格的にペット業界へのチャレンジをしたい方にもおすすめの講座です。

 

動物看護士の資格を取るなら

 

ペット専門通信資格【日本ケンネルカレッジ】

 

各団体の資格を統一する「動物看護師統一認定」という制度が設けられていますが、すべての資格が一本化されるわけではありません。

 

通信講座の資格でも就職をすることは可能で、現在のところ問題はありません。